カテゴリー「台湾旅行」の12件の記事

2015年9月23日 (水)

15’台湾旅行 -鳳梨酥-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

初の台湾旅行記のシメは定番土産の鳳梨酥(パイナップルケーキ)について。

おそらく旅行者のほとんどが購入するであろう鳳梨酥ですが、それ故に製造元の“数がありすぎて”どこの商品を買えばイイのか迷います。

台湾ツウの友人による「可能な限り試食して自分で決めるべし」と「台北naviによる鳳梨酥選手権の記事」のアドバイスを参考に色々と店を渡り歩いた結果、5種類を購入してみました。

また、中身のパイナップル餡について、従来からあるパイナップルと冬瓜のミックスタイプと最近人気の土鳳梨(台湾産パイナップル100%)との違いがあるので、なおさら試食が重要となった訳です。

201509242
ガイドさんの案内で訪れた専門店(元パン屋)の土鳳梨酥。店名忘れました(笑)

土鳳梨ならではの酸味と果肉感で、ジュリママ好感触。

201509241
デパ地下(新光三越)にて試食&購入。

201509243
泣く子も黙る鼎泰豊(ディンタイフォン)の冬瓜入り。

ブランド品が好きな日本人土産に最適(笑)冬瓜入りも美味しいです。

201509244

201509245
アンバサーダーホテル台北(国賓大飯店)のベーカリーショップ「Le Bouquet」の土鳳梨。

パイナップル選手権2015の第3位の実力。

201509246
オークラプレステージ台北(大倉久和大飯店)の土鳳梨。

パイナップル選手権2015の第2位(2014第1位)の貫録。お土産に最適なお洒落パッケージも人気要素。

201509247
同じくオークラの人気商品、ヌガー(牛軋糖)。ミルクピーナッツ、ミルクマカデミアナッツ、抹茶マカデミアナッツ3種類入り。

ミルク味のソフトキャンディにナッツ類やドライフルーツなどを練り込んだ、台湾人が大好きなお菓子らしく、土鳳梨のついでに買ってみましたが、オレもジュリママもヌガーの方が気に入ってしまい「こんなことなら、もっと買っておけば良かったぁぁぁ」と嘆いてもあとの祭り、と。

初の台湾とあって、上っ面の魅力にしか触れてないような気がしますが、韓国と違ったおおらかな民族性でしょうか?どこにいってもセカセカ忙しなく無いし、親日国であることが至る所で感じられるし、とても居心地の良い国でした。

次回も台湾希望っ!

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

15’台湾旅行 -金品茶樓-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

最後の食事は、やはり小籠包で。

って事でガイドさんもオススメの金品茶樓(ジンピンチャロウ)へ行ってきました。

201509181

201509182

ちょうど混雑する前に入店したのでラッキー。厨房まる見えの店内は活気あり。

201509183
清炒空心菜(空心菜炒め)

安定の美味さです。もはやメインの小龍包よりも気に入ってしまった感があります。

201509184
菜肉蒸餃(野菜蒸餃子)

ヘルシーな気がしますがプリプリで食い応えはあります。

201509185
小籠湯包(スープで食べる小龍包)。人気メニューというのも頷けます。

リージェントホテルからほんの数分とあって味も立地も申し分無いオススメ店です。リピート必至!

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

15’台湾旅行 -度小月-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

台北で味わえる台南の老舗料理店「度小月(ドゥシャオユエ)永康街店」へ行ってきました。

台湾ツウの友人から「度小月で擔仔麺と黃金蝦捲を必食!」とイチオシされていたので、日本人でごった返した鼎泰豊や京鼎樓とは違い、アウェイ覚悟でしたが店員も日本語達者で無問題。メニューも日本語。

201509161

201509162

201509163
1階は混んでいたので2階に通されました。清潔感があって好印象。

201509164
お目当ての擔仔麺(タンツウミエン)50元。店員さんに「パクチー大丈夫?」と訊かれたので抜いてもらいました。

エビの頭だしスープに肉燥(豚そぼろ)とエビが乗った台南定番料理。オススメというのも納得の美味しさ。お椀サイズなので1人1品頼むべし!

201509165
プリプリ食感がクセになる台南の代表的小吃、黃金蝦捲(揚げエビ巻き)200元。

これまたオススメというのも納得。

201509166
經典烏魚子炒飯(からすみ焼飯)280元。からすみの塩気で食欲増。

201509167
蔭豆蚵仔(牡蠣と豆腐のトウチ炒め)260元。ビールがすすみますナ。

で、コイツの汁が残ったまま皿を下げられたので、「汁が美味しいのに。汁飲みたかったのにぃぃ」と小声でグチったら、店員が即Uターンし皿を戻してくれました。

思いっきり日本語分かるのねぇぇ(笑)

コスパに優れた満足いくお店でした。リピート必至。

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

15’台湾旅行 -台北101-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

地上101階、地下5階、高さ509.2mの超高層ビル台北101の展望台へ行ってきました。ココも台湾観光の定番らしい。

201509151

201509152
MRTで台北101/世貿駅を出るとすぐにドドーン!とビルの根元に。

ショッピングモールで賑わう1階フロアですが一番目立つのは鼎泰豊(ディンタイフォン)101店とその混雑っぷり。

で、展望台へのチケット売り場が1階じゃない、ってのがミソ。あと、チケット購入はJCBカード利用で割引になるのもミソ。でもって高速エレベータ乗車もそこそこ行列ってのがミソのトドメ。

この日は生憎の天気で屋外展望台(91階)はNGで、屋内展望台(89階)まで。

高速エレベーターで“あっ!”という間に到着。さすがは東芝製。まじ、あっ!という間なので耳キーン注意。

201509153

201509154

201509155

猫も杓子も(オレも・笑)眺望撮影してるので、要領よく徘徊&撮影しないと、やってられません。特にC国人パワーに屈しないように。

201509156
高所大嫌いなオレをもっとも震え上がらせたエリア。

201509157
88階で見られるマスダンパー。超高層ビルの天敵、暴風から、もしもの時にビルの安全性を保つ命綱、、、綱っていうかダンパー。

201509158
マスダンパーのキャラ。もう1種(色)は撮影漏れ。

201509159

この手の高層ビル見学って個人的にはさほど興味が湧きません、、、っていうか高いところ大嫌いなので避けたいものですが、そこそこ楽しめましたナ。台北101。

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

15’台湾旅行 -春水堂-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

ホテル朝食と阜杭豆漿でランチ前に膨れた胃袋を空けるために台湾観光の名所(らしい)中華民国の初代総統、蒋介石の顕彰施設である中正記念堂(中正とは蒋介石の本名)を散歩する事に。

こんなオレでも薄っぺらく知っている中国に対する台湾(中華民国)の歴史や国民感情からイマイチ蒋介石の顕彰ってのが腑に落ちませんでしたが、ググって学習。

201509141
正門

201509142
国家音楽廰

201509143
遠近法で小さく見えますが実は巨大な中正記念堂

堂中には高さ6.3mの蒋介石のブロンズ像があるらしいが今回はスルー。あと20分ほどで始まる衛兵交代の儀式もスルー。

って事でさほど胃袋軽くなってませんが、土産探検で新光三越へ。

デパ地下をサクっと回り、「そういえばココにも店舗あるはず!」と、タピオカミルクティーの発祥、春水堂(チュンシュイタン)へ。

201509144
2階奥でしたが、まぁ、行けば分かります。テイクアウトじゃないので15分ほど待ち。

201509145
お約束のタピオカミルクティー

201509146

もちろん主役はタピオカで、そのプニプニ食感ですが、本場の何が美味いって、ミルクティーそのものがメチャうまでした!

って事で春水堂に関しては松山空港も含めて滞在中3度もお世話になりました。日本でも支店がありますが、割高感とか混雑がねぇぇぇ。

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

15’台湾旅行 -阜杭豆漿-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

台湾の定番朝食、豆漿(トウジャン:豆乳)をば。

台湾ツウの友人から「豆漿店は街中にあるし、味に大差無い」「ホテルで近辺のオススメ店をきけばよい」「阜杭豆漿のような有名店はピーク時を外すべし」などの助言を受けてましたが、初心者のサガといいましょうか、、、結局、超メジャーな阜杭豆漿(フーファンドウジャン)へ行きました。

場所は、MRT善導寺5番出口すぐの崋山市場2階ですが、1階まで連なった行列のおかげ?ですぐに分かりました。ピーク外してたのに......

201509101

201509102
ようやく2階店舗まで列が進みましたが、2階は他店も軒を連ねたフードコートになっており席確保に大苦戦。仕方無いので最初は立食で、のち合い席。

201509103
鹹豆漿(塩味の豆乳)30元、蛋餅(台湾風クレープ)28元

豆漿は「甘い」「塩味」を選択しますが、ココは友人の「絶対に鹹豆漿(塩味のほう)がオススメ!」あと「蛋餅は必食!!」という助言に従いました。

蛋餅の他に、厚餅夾蛋(卵焼き入り厚焼き餅)や薄餅油條(揚げパン入り薄焼き餅)、鹹酥餅 (スイートパイ、塩味のパイ)などの付け合せも豊富ですが、見渡すと油條(揚げパン)を豆漿に浸して食べる人を多くみかけました。

朝はホテルバイキングで好きなものを好きなだけ食べるのも捨てがたいですが、こういうソウルフードを味わうのもイイものです。

この日はバイキングからの豆漿という王様コースでしたが(笑)

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

15’台湾旅行 -九份-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

2日目は観光DAY。

午後の部は観光客に大人気の九份(きゅうふん)へ。

何やら夜景と、某宮崎アニメ「・・・神隠し」のモデルになったとかならないとかの建物が目玉スポットだとか。

って事で夕刻からの観光がオススメ。

201509081

日没前に到着し、しばし商店街を散策するも既に観光客で大混雑。

201509082

201509083
ココが噂の「阿妹茶酒館」で湯婆婆(ゆばーば)湯屋モデルだとか。

日が落ちる頃には既に満員必至とのことで少し早めに入店。

201509084
店員が中国茶の作法を日本語でレクチャー。

201509085
絶景が訪れるまで暫しティータイム。座して待つべし。

201509086_2
下界の混雑を見下ろす優越感たるや。

って言うか混雑の理由が、この店の外観を撮影する人でごった返し。って事で店内で勝ち組感に浸っているうちは、目玉である外観撮影は不可、ってこと(笑)

201509087

201509088

通路が狭いってのもありますが、イラっとするほどの混雑をくぐり抜け帰路へ。

来て損は無い、しゃれおつスポットでした。

それにしても臭豆腐の臭いったら...... orz

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

15’台湾旅行 -鼎泰豊 本店-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

さて、2日目も小龍包は避けて通れません、、、って事で鼎泰豊(ディンタイフォン)本店に行ってきました。

それすなわち、友人より「日本に支店があるから今回は敢えて外すのもアリ」と助言を受けていた2店を制覇したことになります。しかもノッケから(笑)

201509041
ランチタイムを外したとは言え運良く待ち時間5分で入店。翌日の夜にココを通ったらメッチャ行列してたので今回はラッキーでした。

201509042

201509043
上下のどちらか(笑)が、小龍包(5個100元)と鶏肉小龍包(5個100元)

201509045
えびと豚肉入り蒸し餃子(5個120元)

少人数で色んなモノを食べたい人には嬉しい5個入り。

201509044

201509046
おつまみ感覚で、竹の子醤油煮(90元)

201509047
肉っ気が恋しければ、揚げパーコー(120元)

201509048
もはやお約束、空心菜いため(180元)

少々の並びなら許すっ!って思えるコスパで大満足のお店でした。日本の支店で食べたら、並ぶわ、高いわ、だと思いますが......

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

15’台湾旅行 -国立故宮博物院-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

2日目は観光DAY。

午前の部はド定番の国立故宮博物院へ。

宋、元、明、清の歴代宮廷の収蔵文物、いわゆる国の至宝が展示されている世界四大博物館の1つらしい。

201509031
博物院前の狛犬

201509032
博物院の対面にそびえ立ち、どえれー年季を感じる建物が放つオーラに思わずロックオン。

ガイド本を見るからに翠玉白菜(虫がとまった白菜の形の翠玉彫刻)と肉形石(東坡肉:豚角煮の一種を模した彫刻)を見るのがキモ、というのは理解できたので、その薄ーい知識のみで、いざ入館(一般参観 250元)。

201509033
からーの退館。

展示物は撮影NGだったので館内画像がいっさい御座いません(笑)

あまり美術や芸術に関心の無いオレですが、見応え十分な、それなりに楽しめるか観光スポットでした。

あとから気づきましたが、詳細説明してくれる日本語オーディオガイド(100元)を借りていれば5割増しで楽しめたかも。

予定詰まってるので、さぁ、次へ!

to be continued

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

15’台湾旅行 -士林夜市-

【2015年8月25日(火)~28日(金)】 100元 = 418円

小籠包で小腹を満たしたのち、ジュリママの台湾の友人、高クンと合流し台湾観光のド定番、士林夜市(シーリンイエシー)へ。

201509011

券売機にてMRTの乗車券初購入ですが高クンがいるので鬼に金棒。んが、全てが漢字表記の国なので自分達だけでも直感的に理解できたと思われ。

駅から地上に出ると夜市への人ごみ。その流れを辿れば夜市到着。屋台に露店、商店街に地下街と、日本でいうところのアメ横感覚。

201509012
露店の並ぶなか突如現れた慈諴宮。

201509013
慈諴宮内の天井は赤い飾りでまっ赤。ジュリママ曰くキョンシーのイメージらしい。

慈諴宮での占い、おみくじ、お参りなどの作法を高クンがレクチャー。ジュリママ即実践にて日本人だけでは想像もつかない貴重な体験をしたようです。

何やらジュリママは下調べで魯肉飯(豚角煮の細切れ飯)と空芯菜、さらさら氷の新鮮芒果雪片(マンゴーかき氷)を熱望しており高クンにオーダー。

201509014
って事で、ディス・イズ台湾ソウルフードの滷肉飯(20元)、鶏肉飯(30元)、空芯菜炒め、台湾ビールで乾杯!

もう見たまんま、想像どうりの美味しさですが、空芯菜炒めのシンプルな美味さは病みつきに。何が驚きってその安さたるや日本円で100円前後って......

201509015
マンゴーかき氷。地元民で満員のなか、高クンの台湾人パワーで座席確保(笑)

みずみずしいマンゴーが最高!と、ジュリママ感激の美味しさでしナ。滞在中リピート必至。

201509016
ってな流れからのフルーツ露店で、何を血迷ったかジュリママによる巨大マンゴー購入&食べ歩きに唖然。

広大な夜市を広く浅く徘徊し、たっぷり雰囲気を味わったのちホテルの途へ。

日本語ペラペラな高クンの超分かり易いガイドのおかげで台湾のいろんな事を知った実り多き楽しい時間でした。

to be continued

| | コメント (0)

より以前の記事一覧