カテゴリー「映画・アニメ」の54件の記事

2016年1月18日 (月)

新東名補完計画

富士宮に遊びに行く際、ジュリママより「東名足柄(下り)SA」に寄れ!」という指令。

20160118

なにやらエヴァ連動企画実施中とのこと。

201601181

201601182

201601189

201601184
TOYOTA電力補完計画「エヴァカラープリウス初号機Ver」

201601185
購買部にてヲタグッズ購入、、、もちろんジュリママが。

201601186
SA東館入口を入ると......

201601188

201601183
世界最大エヴァンゲリヲン初号機立像がお出迎え。

他にも屋内外には、展示物・イベントフロアがありましたが激写しまくってオタッキーと思われても何なのでこの程度で撮影終了。

ココでロスした時間が、そのままランチ到着遅れとなりますた。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

貞子3D2

絶望的につまらなかった前作を観た流れで続編の「貞子3D2」(2013)を観ました。もちろん2Dバージョンで。

20150311観始め早々に抱いたダークな雰囲気に原点回帰か!?と期待した自分がバカでした。中盤で少しだけストーリーに引き込まれそうになったけど、これまた自分がバカでした。

結果、貞子なんぞ、ほぼ出ないに等しいわ、貞子の娘を匂わす少女が、あーだこーだと脅しにかかっても微塵も怖く無いわ、髪伸び放題の石原さとみなんてギャグにしか見えないわ......

タイトルに「貞子」つけなきゃイイのにね。

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

貞子3D

今や、映画は見たこと無くとも、その名前と容姿は誰にでも思い浮かぶであろうメジャーキャラ「貞子」が3D映像で襲い掛かる「貞子3D」(2012)を観ました。もちろん2Dバージョンで(笑)

20150305(あたり前だが)3D映像で見る側を驚かせる演出を意識するあまり、何故あれほどまでに視聴者がリングシリーズ及び貞子をビビリまくったのか本質を見失った“超つまらない作品だな”というのが率直な感想で、、、怖さゼロ。

おまけに「幽霊,怨霊」以上「化け物」未満であるべき貞子がモンスター化してしまっては失笑するのみ。

って事で「クロユリ団地」以上に期待を裏切ったコイツの続編「貞子3D2」をこれから観ますが時間の無駄にならない事を祈るのみ。

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

凶悪

ベストセラー・ノンフィクション(新潮45編集部編「凶悪 -ある死刑囚の告発-」)を映画化した「凶悪」(2013)を観ました。

20150227実際にあった凶悪殺人事件の一部始終ゆえダークな内容に終始します。

観終わったあと心の中にずしーんと重みと暗さだけが残る誰も救われない作品に久々に巡り合ったな、、、コイツ。

リリー・フランキーとピエール瀧という善人イメージの2人が演じる極悪非道っぷりで怖さ7割り増し。

さほど長くはないであろう、この先の人生に於いて、こんな2人と出会わない事を祈るのみ。

恐怖を欲している人は是非どうぞ。

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

クロユリ団地

主演が“あの人”だったり、パチンコになったり、と何かと小耳にはさむタイトルだった「クロユリ団地」(2013)を観ました。

20150209最近のジャパニーズホラーにかける恐怖ハードルといったら上がりっぱなしで、それなりの期待を込めて観ましたが.....

いやぁ、びっくりしたっ!

まじ驚いたっ!!

こんな怖くないホラー初めて観たっ!!!

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

キャリー (クロエ・グレース・モレッツ版)

キック・アスから続くクロエ・グレース・モレッツ出演の流れで「キャリー」(2013)を観ました。

20150121言わずと知れたホラーの名作「キャリー」(1976)のリメイクですが、ほぼオリジナル通りの焼き直しとあってストーリーは秀逸のままで一安心。

んが、見るからに幸薄そうでイジめの対象にりそうなシシー・スペイセクのハマリ役を普通に考えて男子がほっとくはずの無いカワイコちゃんクロエ・グレース・モレッツが演じているのでイマイチ感情移入は出来ず。

全ての元凶である母親役のジュリアン・ムーアは良し。

って事でクロエ・グレース・モレッツの魅力は、ヒット・ガールを演じてこそ!と再確認すますた。

| | コメント (0)

2015年1月19日 (月)

キック・アス2

完全に主役(キック・アス)を喰ってしまった強烈キャラ、クロエ・グレース・モレッツ演じるヒット・ガール目当てでシリーズ2作目「ジャスティス・フォーエバー」(2013)を観ました。

20150119前作から3年、容姿もガールからレディっぽくなり(それでも16歳くらい)、それはそれでオッサンのハートをキュンとさせてくれますが......

無機質な戦闘マシーンから揺れ動く乙女チックな一面がフォーカスされたストーリーゆえ、キュートで毒舌、コミカルに残虐といったヒット・ガールの暴れっぷりが大好きな輩としては、物足らずでした。

まぁ、作品としては面白かったけど。

嘘つきなギャングの手首を一太刀でバッサリとかヒット・ガールカラー(紫)のドゥカティをかっ飛ばす様には、改めて惚れ惚れしました。

諸事情で3作目は無い、という噂が本当であれば残念です。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

キック・アス

溢れる正義感に反し戦闘力ゼロのなりきりヒーロー映画「キック・アス」(2010)を観ました。

20150115単純に笑える映画を欲した訳ですが、母(妻)の敵討ちとは言え殺戮マシーンと化す美少女ヒーロー(ヒット・ガール)+最強親父(ビッグ・ダディ)のおかげで、多少笑えるバイオレンス映画でした。

って事でルックスもキャラもヒット・ガールのファンになりますた。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

天然コケッコー

島根の田舎町を背景に純真少女と東京からのイケメン転校生の甘酸っぱい恋を描いた「天然コケッコー」(2007)を観ました。

20150109_2ホラーやバイオレンスが専門分野のオレが、不覚にもこの波乱無き物語を終始ほんわかムードで見入ってしまった訳ですが、島根の方言を使う夏帆のキュートさにヤラれてしまったようです。

こんな愛らしい少女とカップルになれるのなら、ど田舎の学校も悪かない、と思いましたが自分が岡田将生ばりのイケメンでなければならない、という大前提を忘れてますた(笑)

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

広能昌三 死す

一番好きな俳優さんでした。今後も。

20141201

年内は仁義とトラック野郎三昧だな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧