« 脂質異常症 | トップページ | 蒸し栗のモンブラン »

2014年12月24日 (水)

アイリーア?!

その道のエキスパートの居る眼科(本院)に行ってきました。

グループ院の方から、ひととおりの検査結果は送られてきているはずですが、やはり自分自身で確認したいのでしょか?本院でも同じ様な検査+αを実施。

本院だけあって設備は大分違ってましたナ。

エキスパート(若い女医さん)の診断結果は、1ヵ月後に造影剤打ちながらより詳しく眼底カメラで血管の状態を調べ、その結果で処置を決めましょう、との事。

現段階で横斑の浮腫(むくみ)は、今すぐにでも云々しなきゃヤバいレベルでは無く、血圧を正常値に戻す事および静脈を広げる薬の服用で1ヶ月様子見し、むくみが沈静化する可能性がある、という判断でした。

と、まぁ、ほんの少し明るい兆しが見えた割には視界のヤバさは相変わらずですが。

で、「アイリーアによる治療をはじめられる患者さまへ」という冊子を渡されましたが、その内容は、アイリーアという薬品の有効性と、治療法(眼球注射)、そんでもって効果が1ヶ月しか持続しないので改善するまで定期的に注射する事、あと高額治療であること等などが書かれてました。

おかげで、余計に怖くなったわいっ!!

|

« 脂質異常症 | トップページ | 蒸し栗のモンブラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脂質異常症 | トップページ | 蒸し栗のモンブラン »