« 2013’三種ワクチン予防接種(ジュリア編) | トップページ | ロボジー »

2013年7月15日 (月)

がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン

世代的に避けては通れない少年野球映画の大傑作「がんばれ!ベアーズ」のリメイク版「がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン」(2005)を見ました。

20130713現代風にアレンジされてますがストーリーは秀逸な元ネタをふまえているので、いろいろと色眼鏡で見てしまうオッサンになった今でも最後まで面白く見入る事が出来ました。

オリジナルの第1作~3作を見たのが劇中の少年達とモロ被り且つ少年野球に没頭してた時期とあって、捕る投げるすらままならぬ素人集団に豪腕少女と不良のスラッガーが加わっただけで快進撃を続けられる事に同じ競技者としてどこか否定的でしたが、さすがに今はそこはスルーする所だとわきまえています。

あと、この映画のキモでもある豪腕少女アマンダ役ですがプリティ度では問答無用でオリジナルのテイタム・オニールに、投球フォームは外国人特有の上体の強さだけで放り込むパワーピッチに妙にリアリティを感じるリメイク版アマンダに軍配が上がります(笑)

最後にひとつ、大人になって改めて見た気付きは、劇中で一番成長するのは子供達じゃなくてダメ監督ですネ。

|

« 2013’三種ワクチン予防接種(ジュリア編) | トップページ | ロボジー »

映画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013’三種ワクチン予防接種(ジュリア編) | トップページ | ロボジー »