« にゃーまるの墓参り | トップページ | マナー接遇研修 »

2012年2月20日 (月)

車検終了

24ヶ月法定点検に加えて各油脂交換、ロッカーガスケットとオイルシール漏れ及び10万キロ定期部品交換でとんでもねー額が右から左へ消えていきました。

もともと今回の車検時に交換予定だったにも関わらず昨年末に突然逝ってしまった燃料ポンプ系の出費と併せて福沢さんが40人弱 orz

近い将来訪れるであろう第二波、クラッチとサスも交換してしまったら、、、もう暫らくどころか一生面倒見ないとモトが取れません。まぁ、未だ愛着たっぷりなのでやぶさかではないけど。

で、車検と言えばディーラー入庫時に完全NGを喰らっていたコンペティションサンシェイド。違法改造に関しては年々規制が厳しくなって、という理由で疑わしきモノは実車を検査場に持ち込み検査員の判定を受けるべし、というルールに変わったらしい。

要はディーラー判断だと甘っちょろいので、お役所自らが厳格に処分を下すっ!という事なのだが、張り込み位置、面積、透過率など規定内の仕様である事を強く主張するオレ的には願ったり叶ったり。

レプリカ施工業者は商品化するにあたり陸運に現物を持ち込み承諾を得てるし、お客さんのレプリカ車をユーザー車検で無事パスしている、という事実があるのも心強い。

201202211
前回は検査場に電話確認をしOKを貰ったレンズのステッカーも今回から検査場での審査対象に。

201202212
カー用品量販店で必ず目の仇にされるコンペティションサンシェイド。

結果、、、どちらも無罪放免 ∩(`・ω・´)∩

あ、た、り、ま、え、ダーッツ!!

注意)判断は検査員によって異なります。絶対にパスする訳ではありません。

|

« にゃーまるの墓参り | トップページ | マナー接遇研修 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にゃーまるの墓参り | トップページ | マナー接遇研修 »