« TIGER&BUNNY | トップページ | スズメバチ襲来 »

2011年10月 4日 (火)

BLOOD-C

タイバニ終了からほどなくしてもう1本のお楽しみアニメだった「BLOOD-C」も最終回となりました。これで少しは夜更かし解消になりそうです。

20111004BLOOD-Cと言えば大傑作の誉れ高き前作「BLOOD+」との比較がつきモノ。並大抵の面白さではハードルを高ーくした信者を納得させられるハズも無くネット上でケチョンケチョンに叩かれ放題。前作の大ファンだったオレとしても、信者達のモノイイに頷くばかり。ただ、自分も含め誰も視聴を止めない、という矛盾は突っ込まない方向で(笑)

ところがどっこい終焉に向け物語が慌しく動き始めたラスト4話くらいから何か凄ーっ面白くなり続き見たさに1週間経つのが待ち遠しい自分が居ました。それでもコアなファンには受け入れ難い内容だったらしいが......

結果、来春公開予定の劇場版への橋渡し的な終わり方にモヤモヤ感を残すと共にアニメとしては異例の“劇場版見たいゾ症候群”に襲われてしまいました。

もし実現したら「クラッシャージョウ」以来のかれこれ30年近くぶりになるであろうか.....

何だかんだ言っても腐っても鯛、腐ってもBLOODだったようです。

|

« TIGER&BUNNY | トップページ | スズメバチ襲来 »

映画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TIGER&BUNNY | トップページ | スズメバチ襲来 »