« vs秘宝伝 高確突破のハードル高すぎ | トップページ | vsアイジャグ REG地獄からの生還 »

2011年9月27日 (火)

デイ・オブ・ザ・デッド (リメイク版)

ソンビ映画の金字塔、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ3部作の3作目「DAY OF THE DEAD 死霊のえじき」(1985)のリメイク版「デイ・オブ・ザ・デッド」(2008)を見ました。

20110927ストーリーはオリジナルとは全くの別物で強いて共通点を挙げれば「軍隊絡み」「女性が主役」って事くらい。

しかも近年のゾンビ物ではお約束のアスリートのような走力と腕力を奮うだけでなく超(鳥)人なみの跳躍力で追跡してきます。

そもそもゾンビってのは、のろま・脆い肉体・単細胞という3点セットゆえ生身の人間でも知恵と鉄パイプと走力で何とか切り抜け可能という期待感と引き換えに噛まれるなんて言語道断、引っ掻かれただけでアウト!という絶妙なバランスのもとに対峙した時の恐怖が成立していたのに、だ.....

本作のゾンビ相手では対モンスターであり屈強な身体に重火器装備でなければ太刀打ちなどできまへん。

って事で軍人とアスリートゾンビによるドタバタ劇は金字塔のリメイクなどという高ーいハードルさえ掲げなければ近年のゾンビものとして普通に面白かったかナと。

あと主役のサラは過去のゾンビ物の中ではダントツのキュートさでした(笑)

|

« vs秘宝伝 高確突破のハードル高すぎ | トップページ | vsアイジャグ REG地獄からの生還 »

映画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs秘宝伝 高確突破のハードル高すぎ | トップページ | vsアイジャグ REG地獄からの生還 »