« 富江 | トップページ | 長野) 下諏訪 うなぎ小林 »

2011年8月25日 (木)

富江 replay

シリーズ2作目の「富江 replay」(2000)を見ました。キャッチコピーは「愛してくれたら、殺してあげる。」

201108242前作とはストーリーの繋がりは無く、富江役も菅野美穂から宝生舞へバトンタッチ。根源は誰か?というのはさておき富江が人格はそのままに別人に乗り移り増殖する、というキャラ設定からシリーズ毎にキャストや舞台が変化するのは違和感ありません。

あと、宝生舞とヒロイン役の山口紗弥加とで美少女指数が前作の菅野・中村ペアよりもパワーアップしておりキツイ顔系の美女がどストライクなオレには嬉しい限りです。

前作のジメジメした精神的な恐怖に対し本作では再生を意識した少々グロいシーンが多用されており視覚的な恐怖も表現されていますが、富江の再生を一部始終目にする事で「ホラーじゃなくてモンスター映画だなこりゃ」と認識を改める事になりました。

心霊・幽霊系はNGだけど怪物系はOKっていう人なら普通に見れるでしょう。

前後関係が無いのでいきなりコイツから見ても楽しめるとは思いますがもし両方見るのであれば1作目(菅野・富江)からをお薦めします。

さすれば、ちまたでは菅野支持派が多数というのも頷けるのではないでしょうかネ。って言うか、まずは原作漫画からか(笑)

|

« 富江 | トップページ | 長野) 下諏訪 うなぎ小林 »

映画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富江 | トップページ | 長野) 下諏訪 うなぎ小林 »