« ICE+BEER | トップページ | vsアイジャグSP フットワークの勝利 »

2011年8月 8日 (月)

バイオハザードⅣ アフターライフ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクションホラー映画「バイオハザードⅣ アフターライフ」(2010)を見ました。

20110808言わずと知れた大ヒットゲームソフトの映画版ですがシリーズを重ねる毎にゲームの世界観を逸脱するどころか原点であるはずのゾンビに対する恐怖すらおざなりに、ミラ演じるアリスとボスキャラの2大モンスター(笑)によるただのバトルもの、と化した内容が、ゲームの登場キャラや世界観が大好きなオレ的には、ネチネチと物申したくなる、ある意味問題作です。

制作側も軌道修正の必要を感じたのか?第4作にして原点回帰を匂わす役名がズラリ。んが、モンスター級な能力を与えてしまったアリスとのパワーバランスで今回のボスキャラは容姿・名前こそ“あの”ウェスカーだが能力はやはりモンスター級という、もう後戻りの出来ない状態までキャラが育ってしまった感ありありです。

今更ですがやっぱミラ・ジョヴォヴィッチはS.T.A.R.Sのジル・バレンタイン役で特殊訓練を積んだ身体能力は常人の1.5倍ほどで実戦的な武器を手に時にはゾンビにすらキモを冷やしながら戦い逃げ延びる、ってのが正解だったように思えます。あっ、でもジル役だと爆発物処理班だから戦闘向きでは無いか......

まぁ、何だかんだとブーたれながらも全作見てしまうので「バイオハザード」の看板恐るべし、、、って事でしょうかネ。

|

« ICE+BEER | トップページ | vsアイジャグSP フットワークの勝利 »

映画・アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ICE+BEER | トップページ | vsアイジャグSP フットワークの勝利 »