« 10’韓国旅行 -3日目2度目の夜食編- | トップページ | vsアイジャグSP 時給ゼロ円 »

2010年9月28日 (火)

千刻蔵の隠し玉

本当に旨い芋焼酎を造ろうと鹿屋市の井手酒店さんが中心となり(遠くは福岡・熊本からも賛同の酒屋が集結)、志布志町にある若潮酒造の千刻蔵にて開発されたその名も「隠し玉」。

開発に携わった方の言葉を引用させて頂くと、、、
百試千改。試行錯誤を繰り返し、地元で収穫される芋(金時)・酒米(レイホウ)を用い「千刻蔵」で伝統的な手造り・木桶蒸留・カメ壺熟成させたところ、これまでにない絶妙な香味を持つ焼酎が生まれました。一雫一雫に魂を込めて仕込んだ焼酎「隠し玉」です。

限定商品とあって取り扱い店は全国でも12店舗のみ。そのうちの一店が贔屓にしている地元の酒屋とあって帰省の際に購入。約半年を経てようやく開詮となりました。旨い旨くないは人それぞれ、どうぞ機会があればお試しあれ。オレ的には普通に美味しく(特に何がって訳じゃなく.....)思えたので毎日の晩酌でサクっと飲み干しました(笑)

肴は「ふーチャンプル」「ゴーヤのおひたし」、夏の定番ゴーヤと豆腐を併せた「ふーチャンプル」ですが、いつも買うゴーヤチャンプルの素が無かったらしく、以前、料理番組で見たマヨネーズ味のゴーヤチャンプルの記憶を辿りながらのウチのシェフの試作品です。試作品にしては上出来(と言っておこう)。んが、正直マヨネーズ味ってのは焼酎には合わないような気が......

201009281

201009282若潮酒造株式会社 鹿児島県志布志市志布志町
分 類 : 本格焼酎 手造りかめ壺仕込み
原材料 : さつま芋、米麹
アルコール分 : 25度
価格:720ml 1500円

オレ的好き度 : ☆☆

|

« 10’韓国旅行 -3日目2度目の夜食編- | トップページ | vsアイジャグSP 時給ゼロ円 »

焼酎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10’韓国旅行 -3日目2度目の夜食編- | トップページ | vsアイジャグSP 時給ゼロ円 »