« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の11件の記事

2010年6月28日 (月)

時計の針みたいに....

ベッドの中でグルグル回っているサリーくん。なんか、こー、ビシっとフィットする位置を探っているのでしょうか?

201006281
なんか違うニャー

201006282
これも違うニャー

201006283
脱線.........

なんだかサリーの右耳の中が汚れていたので拭いてあげたら汚れとともにティッシュに血が付いてきたそうです、、、もしかしたら耳ダニがいるのかも?とジュリママ談。

そう言えば、時を同じくして右目の上の毛が薄くなって赤みがかった皮膚が見えていた......きっと痒くて引っかいたのかも。マキロン塗って少し様子見です。

ジュリアに移らないか?と訊いたら、ジュリアの耳はいつもサリーがペロペロ掃除してくれているから大丈夫だろう、とジュリママ談。でもジュリアはサリーに全然お返しをしてくれないのダ。

サリー、、、哀れ。

| | コメント (2)

2010年6月23日 (水)

岡山) 元祖きびだんご

の肩書きを持つ岡山は廣榮堂の「きびだんご」を買ってみました。きびだんご、、、生まれて初めて食べました。って言うか見るのも初めて。

201006121
今まで勘違いしていたようです。てっきり黄色い饅頭だと思っていたのですが.....

201006122
求肥みたいなプニョプニョしたヤツだったのねぇぇ。餡子も入ってないし。美味しい餡饅頭を期待していただけにショック大です。こういうヤツあんまり好きじゃないので.......

昔話の桃太郎で見た“きびだんご”って黄色い饅頭みたいなヤツだったよね?!コレ出されてもオレだったら家来にならん!

| | コメント (5)

2010年6月21日 (月)

新美淡麗 海(うみ)

品名を上手く現した青色の瓶が好印象。大海酒造と言えばこの「海」とならび「くじらのボトル」が人気の酒造さんですネ。芋焼酎が苦手な人やビギナー向けに作られたとあってクセの無い口あたりの良さと匂い、甘みが印象的な飲み易い焼酎です。なのでオレのような輩にかかると、、、すぐに空き瓶。

肴は「アスパラベーコン」「枝豆」
アスパラは、毎年この時期になると北海道当麻町より取り寄せる我が家の風物詩です。生のままでも食べられるという不精者のオレには嬉しい逸品。今回は鹿児島土産のベーコンの塩味のみでいただきました。物足りない場合は、これまた本場の柚子胡椒をチョイとつけて、、、おかげで焼酎「海」が水のように体内に消えていきました。

201006211
201006212

201006213大海酒造協業組合 鹿児島鹿屋市白崎町
分 類 : 新美淡麗本格焼酎
原材料 : さつまいも、米こうじ
アルコール分 : 25度
価格:720ml 1340円くらい

オレ的好き度 : ☆☆

| | コメント (2)

2010年6月16日 (水)

業務連絡

ロンファミリーに告ぐ!

はりこっちさんの
【W杯特別ムチャ振り企画】ロンファミリーで、チーム編成してみよう~!
にお応えしようではないかっ!!

オレ的にはオランダの攻撃的布陣に当てはめようと思ったが誰にも伝わらない気がする(笑)ので分かり易くカメルーン戦に勝利した日本代表に置き換えてみたゾ。4-1-4-1の「弱腰と言われようが、最低の試合と言われようが、勝ちゃいーんだろ?文句あっか!」布陣、、、別名「勝てば官軍」フォーメーション。

<FW:ほんだ>
小梅 ・・・ 金狼。現在の日本に於いて唯一にして最強の武器。天上天下唯我独尊タイプ?!ココを任せれるのは最年長組の小梅の姐御しかおらんやろ。

<MF左:おおくぼ>
もーりー ・・・ 縦への突破が魅力の突貫小僧。国内ではブイブイ言わせるも、代表に来ると空回りが目立つ残念なタイプ。典型的な内弁慶(笑) 当たり外れが大きい割にはレギュラーとして名を連ねる世渡り上手、、、もーりー?!

<MF右:まつい>
ジュリア ・・・ 高校時代よりキラリと光るテクニシャン。日本攻撃陣の重要なアクセント役も少々体力に難有りで輝きは長続きせず。目の肥えたフランス人をも唸らせるテクニックは、オッサンをメロメロにするジュリアの瞳に通じるモノ有り。

<MF左底:えんどう>
みこ ・・・ 激戦区のボランチ争いで長らくレギュラーの座に君臨する攻守の要。監督の信頼も厚いが、、、鹿実時代(坊主頭)の反動か?髪型がウザイ。試合中チョイチョイ髪をいじる姿が映し出されるが、だったら切っちゃえばイイのに、、、と思うのはオレだけじゃないはず。まさにサマーカット必須の“みこ”タイプ。

<MF右底:はせべ>
むう ・・・ 元々備えた高いポテンシャルがドイツで磨かれ現代表で一番信頼のおける選手に成長。派手さは無いが玄人好みのタイプ。みこ、むうの兄弟コンビで莉緒JAPANの中核を担う。

<MFアンカー:あべ>
マイキー ・・・ 世界の強国対策に急遽採用した、なりふり構わないフォーメーションの最重要ポジション。莉緒、ロン、あず、との多頭飼いの中、そして何より、あやりんさんのご機嫌を日々伺いながら磨かれた、洞察力、危機察知能力を備えたマイキーは、まさに適任。

<DF左SB:ながとも>
あずき ・・・ 本来は攻撃型SBだが強国相手では守備に奔走される。カメルーン戦では世界のエトーを見事封じ込め守備力の高さもアピール。おてんば揃いの莉緒JAPANにあって数少ないビジュアル系担当。その容姿で相手攻撃陣を骨抜きにする。

<DF右SB:こまの>
しゃおろん ・・・ 両SBをこなす貴重なバイプレイヤーゆえ、どの監督の統治下でもお呼びがかかる。んが肝心なところで折り返しをミスったり、バックパスしたりでイマイチ自己アピールに欠ける。シャイというか控え目というか.......八方美人、器用貧乏っぷりは、オレの描くしゃおろん像か?!

<DF CB:なかざわ>
にゃんちゃん ・・・ ツインタワーの一角。空中戦とヘディングを武器に守備面では高い城壁に、セットプレイでは人間ロケットと化し相手ゴールを急襲する。んが、、、本人曰く「利き足は頭」と公言するように足元のボール裁きの危うさは、しばしばサポーターの血圧を上げてしまう。特にオレ(笑) 体が資本の最後の砦=にゃんちゃんに決定!

<DF CB:とぅーりお>
サリー ・・・ イングランドでプレイさせてみたい日本が誇る世界基準のDF。チョット目を離すと職場放棄で最前線に現れ、、、ビチっとハマれば重要な得点源となり得るも、時として空気を読めず瞬間湯沸かし器と化しゲームをブチ壊す諸刃の剣。良かれと思った振る舞いがジュリア姉さんどころかご主人様からも大目玉を喰らうサリーそのもの。でも憎めないヤツ(笑)

<GK:かわしま>
モモ ・・・ 本来は経験値が大きくモノを言うポジションにあって、直前の強化試合でスーパーセーブを連発し、その勢いを買われて正GKの座をゲットしたシンデレラボーイ。とは言え一度のミスも許されないこの重要ポジションにはファーストチルドレンの中で唯一完璧な折れ耳で産まれたモモに“完璧繋がり”でお任せしたい。年長さんだし皆のまとめ役としても期待。

<監督>
莉緒 ・・・ このお方が、、、右と言ったら右、、、黒い物を白と言ったら白。唯一誰も逆らえない存在でしょ。

<スーパーサブ:しゅんすけ>
ロン ・・・ チョット前までは日本の象徴、しゅんすけのチーム、、、蝶よ花よ、とハヤシたてられたが......ホンダの台頭と自身の不調が重なり今や不要論まで出る始末。世論の冷たさ、いい加減さを見に染みて感じているに違いない。んが、腐っても鯛は鯛。復調さえすれば世界レベルのパスセンスと欧州にその名を轟かせたFKは莉緒JAPANの最強最大の武器。まさにロン、、、オレは今でもロンのファンだぞ!

| | コメント (4)

2010年6月11日 (金)

ラクレット

共働学舎新得農場よりのお取り寄せシリーズの最後は、「ラクレット(756円)」

201006111
熟成期間約3ヶ月、プレスタイプでやや固めの中型チーズ。ラクレット=フランス語で“削り取る”の意。

201006112
フランスより製造技術者を招き、北海道新得町の気候風土に適したチーズとして製造開始。「第1回オールジャパン・ナチュラルチーズコンテスト」では最優秀賞を受賞したそうです。

で、お薦めの食べ方として、、、
「ラクレットチーズ」は元来アルプス山脈周辺で食べられていた料理名で、その名の通り焼いて溶けた部分を削って、ジャガイモやパンに乗せて食べるととても美味しいチーズです。お料理の上に切って並べ、オーブンで焼くだけでもとても美味しくお召し上がり頂けます。
と商品説明がされていましたので......

201006113
パンに乗せて焼いてみました!カリっ、モチっ、プニっ、という絶妙なハーモニーが楽しめ、大変美味しく頂けました。

他に、フライパンで少し焼いて溶け出したラクレットを蒸かしたジャガイモに乗せて食べても美味。是非お試しあれ。

これまた次回リピート確定!

| | コメント (2)

2010年6月10日 (木)

三種ワクチン予防接種

炎天下の中、ジュリサリを抱えて徒歩で動物病院へ。勿論、お抱え役は、言い出しっぺのオレ。まぁ、片道20分程度なので軽い筋トレ感覚ですワ。

キャリーケースを見た瞬間、異変を察知したサリーが屁っぴり腰で逃走を企てるも、すかさず捕獲。お利巧さんジュリアは問題無し。

道中は、心配性のジュリアは終始“ニャーニャー”鳴きっぱなし。ビビリ屋サリーはケースの中でグルグル方向を変え落ち着かない様子。その度に重心が変わり重いのなんのって。

病院では、まさに“借りてきた猫”のよう(笑) なすがまま、されるがままに検温、体重測定、触診、注射と穏やかにサクっと終了。

帰路も相変わらずニャーニャー&グルグル、、、んが、違った点が一つ、マンション敷地に入るなり明らかにソワソワ、ドタバタ、、、やっぱウチに帰って来た!って事が分かるのでしょうかね?

201006101
なんか知らんけど、、、家では体重計に寄りかかって寛ぐのが好きみたい。今回の測定では、サリー7kg(前年より-300g)、ジュリア4.9kg(前年と同じ)でした。

おのずとジュリサリを抱えると12kgの重りを背負う事になりますが、、、そりゃ片道20分でも泣きが入る訳だわ.....

でもサ、オレってダイエット前はジュリア3匹+サリー3匹を背負って生きていたって事だよナ?! (lll `・ω・´)

| | コメント (6)

2010年6月 8日 (火)

コバン

共働学舎新得農場よりのお取り寄せ、「コバン(840円)」 

201006081
チーズ全体に綺麗に生えそろった白カビが何やら“モノ”の違いを感じさせる白カビチーズです。

201006082
この断面!クリーミーさが伝わりまか?通常の白カビタイプのチーズよりもクリーム分を多くして、滑らか且つクリーミーに仕上げているそうですヨ。

普通のチーズだとチョイとヘヴィな印象がありますが、今回取り寄せた4品に総じて言えるのが、見た目より“軽い”ので普段食すより、ついつい食べすぎてしまいます。

田舎っぺのクセに、こじゃれた事を好むジュリママはクラッカーとかに乗せて食べてましたが、何も手を加えない方がオレは好きです。って言うかクラッカーは口の中がボソボソして嫌いなのダ。

大変美味しいチーズでした。次回リピート確定っ!

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

古くから友好の席の傍らには良い酒が有り、人と人が信頼と思いやりによってふれあう時、少しでも役に立てる事を願って「きずな」という名前をつけたらしい。んが、そんな生産者の重いをヨソに独りでガブガブっと空けてしまった(笑)甘み、深みのある飲み易い焼酎ですナ。まあ、飲み易い=個性が乏しい、、、って事にも繋がりますが。

肴は「スナックえんどう」「ちくわ」
スナックえんどうはジュリママの実家の菜園で採れ立てなヤツ。今回は醤油と鰹節でいただきましたが、サッと茹でて塩を振るだけでも十分美味しいです。何のヘンテツも無い竹輪ですが、讃岐うどん屋秘伝の唐辛子味噌とマヨネーズを和えた特製ソースが肝です。甘みの強い「絆」との相性抜群でヤメられない止まらないループに陥ります。

201006071

201006072薩摩酒造株式会社 鹿児島県枕崎神本町
分 類 : 薩摩焼酎
原材料 : さつまいも、米麹
アルコール分 : 25度
価格:720ml 1050円

オレ的好き度 : ☆+α

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

レラ・ヘ・ミンタル

共働学舎新得農場よりのお取り寄せ、「レラ・ヘ・ミンタル(630円)」 

201006041
プレス・クック・タイプと呼ばれる固いタイプのチーズです。

商品説明には、
サンドイッチやパンに乗せて、そのままスライスしてお酒のお供にもピッタリの、ナチュラルな味わいであらゆるシチュエーションでお召しあがれるチーズです。
とあります。

201006042
勿論オレの場合は、酒のツマミです。サンドイッチ云々ってガラじゃないので(笑) このくらいの厚さに切ってもハードで噛み応えのある食感はクセになりそう。ってか、クセになった。

見た目よりはアッサリ味なので、クセになった食感との併せ技で、ヤメラレナイトマラナイ、、、危険なループに陥り ます ました。

| | コメント (2)

2010年6月 3日 (木)

カメラマン泣かせ

暑い日が続き、そろそろホットカーペットをしまって夏支度、、、と思いきや突然寒くなったり?!ここへ来てホットカーペットのお世話になるとは思わなんだ。

201006021
人間が寒いと感じるときは、猫も同じなのか?ジュリサリも揃って暖をとり、うたた寝モード突入。

201006022
話は変わって(笑)ジュリサリ揃ってイイ感じで寛いでいたので激写、、、んが、絶対カメラ目線してくれまへん。

201006023
右手に携帯、左手で猫ジャラしで注意を引くも、、、目線は上すぎ、下すぎでどういう訳かレンズの方を向いてくれまへん。

いっつも思うのだが、、、なんでカメラ目線出来んとヤ?

| | コメント (4)

2010年6月 2日 (水)

さくら

共働学舎新得農場より「ラクレット」「レラ・ヘ・ミンタル」「コバン」「さくら」という4種類のチーズを買ってみました。

北海道出張の際、お世話になった職員さんから大推薦されたにも関わらず......オレの記憶があいまいと言うか100%大チョンボで買いそびれた為、至急お取り寄せしました。だって、いち押しの「さくら」が5月迄の期間限定品だったもんで。

201006031
さっそくカマンベールチーズ「さくら(682円)」のお手並み拝見。

201006032
かの洞爺湖サミットで出された、、、と聞いたからには、ハードル高くして臨みまっせ!

201006033
結果、、、「さくら」という名前はダテじゃありませんでした。口の中に広がるサクラの風味がとても爽やかで、口あたりの軽い食感、クセの無い味わい、かと言ってチーズの濃厚さも失われず、、、誰もが知っている、あのカマンベールとは全く趣の異なる大変美味しいチーズでした。

あまりの美味しさに、すかさず追加発注を試みたが......5月28日で終了でした orz

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »