« 吉助 白 | トップページ | スロットで負けたつもりで2 »

2009年11月19日 (木)

ダチョウのリュウちゃん

実はここ10日ほど腹部というかモモの付け根付近に突然現れた親指大のシコリ(痛み無し)で悩んでおりました。脳裏には「癌」の文字がちらつき orz

まさに「聞いてないヨー」「殺す気かーっ」「訴えてやるー」です。

ですが、不思議な事に朝起きるとシコリが無くなっていて、次第に復活。これを毎日繰り返しており訳わかんねーヤ状態に。一説によると癌は出たり消えたりしないそうで.....

タイミング良く月末の人間ドックで相談しようと思っていたところ、ジュリママが職場の元看護婦さんに聞いてみた所、「鼠径ヘルニア」という回答。すかさずネットで調べると患部写真や症状等まさにそれその物。モモの付け根(鼠径部)の筋膜の間から腹膜や腸の一部が出てしまう病気らしい。これは40過ぎの男性が筋肉の衰えと共に発症するパターンが多いらしく、また、サッカーなどのスポーツ選手にも多々いるらしい。

オレの場合、年齢もそうだが、この2年間ダイエットと共に日課の筋トレ、週2日以上の10km以上のランニングを欠かしておらず、特に筋トレなどは下腹部、いわゆる下っ腹にかなりの負荷をかけたオーバーワーク気味のトレーニングをしているので、それが最大の原因とも考えられる。実際、筋トレの際に症状を発見したので。

で、治療法は手術しか無いらしい。最初は痛みが無いのでほっておけば腸閉塞になりかねないので早期治療が望ましいと。

あぁぁ、この40数年、怪我らしい怪我と言えば、自転車のスポークにカカトを巻き込み大出血とか、左指1本、右指3本を刃物でスパっとやられた揉め事が2回とか、エンジンルーム整備中にボンネットが落ちてきて顔面がサンドイッチ状態になりメガネで眉間をバッサリ切って何針か縫ったりとか、、、そんな程度。言ってみれば生娘みたいなきれいな体にメスを入れる事になるなんてぇぇ(鬱)

などなど、たいそうな事を長々と綴ってきましたが「鼠径ヘルニア」とは俗に言う「脱腸」なのだorz ガキの頃、よく脱腸でも無い級友に対して「やーっい、ダッチョ、ダッチョー」とか言ってからかってた罰かも......

よってタイトルは「脱腸の龍ちゃん」なのねぇぇぇ(笑)、否、笑えないっ!!

|

« 吉助 白 | トップページ | スロットで負けたつもりで2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉助 白 | トップページ | スロットで負けたつもりで2 »