« 日向ぼっこ | トップページ | スロットで負けたつもりで »

2009年11月 9日 (月)

IPodバッテリー交換

2004年7月の発売日に入手以来生活必需品となったIPod mini。かれこれ5年4ヶ月の付き合いで、ほぼ毎日使用しています。当然純正の“ちんけ”なバッテリーなど早々に役目を終え今回で2度目のバッテリー交換となりました。

1回目の交換は2007年1月、アップルで交換して貰うと6800円、しかも純正交換で貧弱さは変わらないので社外品のバッテリー(3377円で容量1.5倍)を取り寄せ自分で交換しました。ただし以後はアップルで修理して貰えない、及び下手したらお釈迦となるパーツが1箇所有り慣れないうちは、かなりのプレッシャー  (; `・ω・´)

200911091
あれから2年10ヶ月で2度目の交換。

200911092
ホイールの接触不良等で軽く20回以上は分解しているのでバッテリー交換などチョチョイのチョイで5分。おかげで上蓋、下蓋ともに粘着が無くなりセロテープのお世話。

本体(26800円)+バッテリー交換2回(3377+3377円)=33554円
33554/5年4ヶ月(約1950日)=1日の使用料約17円
もう十分元は取れたと思われ。

現在の4GBのままじゃ手持ちCDの半分も入っていない状況。そろそろ現行の大容量IPodを買おうかなぁぁ。

|

« 日向ぼっこ | トップページ | スロットで負けたつもりで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健闘を祈る!

投稿: ジュリパパ | 2010年8月17日 (火) 00時57分

ご回答ありがとうございます。
確かにホイール部分がやたらとパカパカするような気もしますし、茶色のフィルムケーブルが傷ついてしまったかもしれません。
もう一度ちょっとチャレンジしてみます。

投稿: ちかぼん | 2010年8月15日 (日) 14時24分

ちかぼんさん
私のipodはminiなのでmini前提で話します。真っ先に思い浮かぶのがホイールの接触不良かバッテリー交換の際に本体基盤に直結している茶色のフィルムケーブル部分を傷つけたのか?と思われます。

私のminiも使い続けているウチに度々ホイールが操作不能に陥ります。その場合、前兆としてホイールの操作感がカパカパっとした感触に変わってくるので「そろそろ来るぞ」ってな具合で察知できます。いよいよ操作不能になったら分解してバッテリーを外して付け直せば復旧します。バッテリーの付け直し行為が良かったのか、一度バラして再度組み上げる事でホイールの接触不良が改善され、結果として復旧したのかは不明です。

上記操作で改善しない場合は、バッテリー交換時に茶色のフィルムケーブルを傷つけたのかもしれません。場所は底蓋と金属のガイドを外し、次にコネクタを外したはずです。そのコネクタには茶色のフィルムケーブルが接続されていたはずですが、miniの場合このコネクタを外す(または接続する)場合にフィルムケーブルを傷つけない事が最大の注意事項です。

上記2つとも心当たりが無い、且つ、ネットで症状(対応)を検索しても見つからない場合はメーカー修理にならざるを得ませんが自分で分解(バッテリー交換)をしてしまった場合、修理を受け付けて貰えない可能性があります。

あまりお役に立てず申し訳有りません。ネットで情報が引っ掛かるとイイですね。

投稿: ジュリパパ | 2010年8月 8日 (日) 23時43分

突然失礼いたします。
ipodの電池を交換したんですが、ホイールが効かなくなってしまいました><
ホイールの不良を直す方法はあるのでしょうか?

投稿: ちかぼん | 2010年8月 8日 (日) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日向ぼっこ | トップページ | スロットで負けたつもりで »