« 誕生日でした | トップページ | 仔猫の頃のジュリア »

2009年7月23日 (木)

リアバルクヘッド強化パネル

200907231
相変わらず道行くチビッコの視線をビリビリ感じる愛車の青インプ、次のチューニングポイントとして初期型(GC)インプレッサのウイークポイントとされるボディ剛性を強化する為に「リアバルクヘッド強化パネル」によるボディ剛性強化を予定しています。

200907232
リアシートバック裏の大穴をステンレス板で塞いでがっちり固定する訳です。実はココ、厚紙で蓋しているだけなのですヨ。オレの青インプは違うけどトランクスルーの車の構造ですナ。

簡単に言うと中箱を抜いたガワだけのキャラメルの箱を思い浮かべて下さい。ソイツを指で上下左右に負荷をかけたらクニャクニャ台形に歪みますよね。それがハンドルを切った時の初期型インプレッサのボディの状態です。

一般的にはフロント・リアのタワーバーで補強(キャラメル箱で言うところの出入り口をつっかえ棒で補強する)しますが今回はもっと剛性効果が得られるようにキャラメル箱の内部にステンレス板をはめこみガッチリ固定する訳です。

この補強パーツ(リアバルクヘッド強化パネル)はWRCステッカーレプリカを施工して貰ったDECALCOさんのオリジナルパーツで次期ロット分(第10回)として10枚受注したら生産に入るようです。で、現在9枚受注なので残り1枚。

取り付け後のインプレで皆さん劇的な変化を実感されているようです。早くオレも体験したいよぉぉぉ。ハンドル切った時に跳ねるように車線変更.....くぅぅぅっ!!

|

« 誕生日でした | トップページ | 仔猫の頃のジュリア »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日でした | トップページ | 仔猫の頃のジュリア »