« vsまごエヴァ 引けども引けども黄とバケ | トップページ | 丹宗 »

2009年6月22日 (月)

サリーに腫瘍が......

「サリーの右手を見て!」 ジュリママの一言で今日は始まった。

200906221
右手、甲の上部に膨らみを発見。触ると軟骨が出っ張っているような感触。ただし触られても痛がるそぶりも無くいつも通りに走ったりジャンプしたりで痛みは無い様子。

200906222
ほんの2週間前に行ったワクチン接種の際には誰も気付かず。って言うか獣医さんもそんな所見ちゃいないし........最近の写真を見てもそれと分かる構図の写真も見つからず。いったいいつからなのだろうか?

200906223
そう言えば今年に入って突然サリーの左耳先っぽが折れ耳に......

この症状はもしや、スコティッシュフォールドの遺伝性骨形成異常症?!早速ネットで情報収集。同症状の猫ちゃん達のブログや獣医さんのHPで掲載された写真がどれもこれもサリーと似た感じ。こうしちゃおれん!とかかりつけの動物病院へ。

文章にするとフットワーク良くって感じだが実際は情報収集すればするほど不安が積もるばかりで気持ちの整理をするのがしんどかった。だってさ、激痛を伴うあまりその様を不憫に思い安楽死させた自身が獣医の飼い主さんの事例、症状が進行し足切断を余儀なくされた事例、痛さでほふく前進するしかない事例、痛みを抑える注射を打ち続ける事例、成猫になり進行も止まり通常の生活が出来ている事例などなど、、、様々な事例を知り最悪の事態を想定し受け入れなければならないのだ、と自分に言い聞かせ、そしてそれを決心するには、あまりにも突然でそして時間が無かった。

あーだこーだ考え悩むよりもまずは診察せねば!と午後診察の一番乗り。で、先ほどの不安は触診にて一蹴。「これは骨じゃ無いですね。腫瘍ですね。触ると皮膚と一緒に動くから」だそうです。

とりあえず患部に注射針を刺し体液だか組織だかを採取し顕微鏡で検査。オレと違ってサリーは注射を全く怖がらず、そして微動だにせず(エライっ!)

暫らくして再び診察室へ。そして獣医さんの重い口調で腫瘍なのは間違い無いとした上で3つの選択肢を提示される。
1.暫らく様子見。悪性ならば腫瘍はどんどん大きくなるし、良性ならば現状維持か進行も遅いとの事。
2.良性、悪性はともかくすぐに腫瘍を切除し然るべき機関にて腫瘍の検査。この場合、結果として良性であってもサリーに腫瘍切除という痛みを与えねばならない。
3.先ほど刺した注射針よりも太い針で、より多くの患部を採取し然るべき機関にて検査の上、その結果で切除等の対応をする。この場合、採取と検査で料金が倍以上かかるとの事。

突然の提示の割には即答で3を回答。料金なんて初めから問題外の事、サリーにとって一番負担が無くそして最善の診療が成されればそれで良し!

早速、3の処置になったのだが、、、、注射針の太い事、太い事。最初は人間が採血の時に使うヤツと同じくらい、とか言ってたくせに実物を見たら、、、絶句。オレだったら気絶します。もうサリーが不憫で不憫で.......せめてもの気休めはオレ達の目の届かない奥の診察室で実施された事か。もう見ちゃおれんので........

で、不思議な事に組織採取で2度ぶっとい針(ニードル)を刺したらしいのだが、直後に腫瘍がびっくりするくらい小さくなりました。これはいったい?!逆に不安を煽ったりするのだが.......

検査結果は約1週間後との事。今もなお普段通りに飛んだり跳ねたり走ったり甘えたり、、、いつも通りにふるまうサリーを目にし、こんなに元気なのに悪性の訳が無い!と自分に言い聞かせるオレであった.....って言うかそう思わないとやってられんのだっ!!

|

« vsまごエヴァ 引けども引けども黄とバケ | トップページ | 丹宗 »

ジュリアとサリー 2009」カテゴリの記事

コメント

許すっ!
byサリー

投稿: ジュリパパ | 2009年6月26日 (金) 01時05分

名前間違えて大変失礼いたしました。ジュリア、サリー
ごめんなさいι(´Д`υ)アセアセ

投稿: かずみ | 2009年6月25日 (木) 23時22分

かずみさん
みこむぅはロン毛なので念入りにチェックして下さいね。
で、ジュリアじゃなくてサリーです。

投稿: ジュリパパ | 2009年6月24日 (水) 00時04分

早期発見、早期治療で良い結果が出ることを祈っています。ジュリアきっと大丈夫!!
私もみこむぅチェックしますcat

投稿: かずみ | 2009年6月23日 (火) 23時22分

あやりんさん
今日もサリーは元気ハツラツです。そんなサリーに逆に勇気づけられます。良性間違い無し!

はりこっちさん
いつもそこにいる。そんな日常で見落としがちな部分があるようです。これを機にマメに四肢、尻尾くらいはチェックしようと思います。ロン一族の飼い主の皆さんも気をつけてくださいね。

投稿: ジュリパパ | 2009年6月23日 (火) 01時17分

サリー何ともないといいですcat
一週間後は楽な気持ちでいられますように。

投稿: あやりん | 2009年6月22日 (月) 09時43分

ジュリパパさん、大変な一日でしたね。。。
でも、小さな変化を見逃さなかったことが、
きっと良い結果につながります!サリー、大丈夫!

投稿: はりこっち | 2009年6月22日 (月) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vsまごエヴァ 引けども引けども黄とバケ | トップページ | 丹宗 »