« サヨナラ韓国 | トップページ | 井の中の蛙大海を知らず »

2008年8月23日 (土)

意識改革が必要なのかも

【野球 準決勝】 日本2-6韓国
やはりネタバレ通りの結果でしたorz 結果は残念だが悔しくて眠れないってほどでもない。それはオレ自身が前々から思っている“今回のメンバーが最強では無い”という思いに逃避しているからだと思う。ただし1大会で2度も同じ相手に負けたら、そりゃもう相手が強いと認めざるを得ないし近年の韓国戦を振り返ってもアジアの盟主の座を奪われたと言われても反論は出来ない。柔道の某選手が言った「強い人が絶対勝つのなら五輪は必要ない、勝った人が強いのだ」というコメントにオレは同感だ。野球での力関係は韓国とは逆転してしまったと言わざるを得ない。

どうしたら日本が復権できるのか?韓国戦を終え某選手が「屈辱的な敗戦」とコメントしたようだが、これは上から目線の人間の言葉である。屈辱感をバネに、そして常に盟主のプライドを持って今後の国際舞台に臨む方が良いのか、もしくは自分達はアジアではNO.2、世界でも5、6番手なのだと現実をキチンと認識して臨む方が良いのか正直分からない。んが、今のオレの気持ちは後者だ。

今回の五輪は中途半端な結果に終わるよりは、野球観が変るほどのドン底を味わった方が良い気がする。銅メダルを懸けた次戦、1軍バリバリの日本、全員マイナーの米国、負けて地に落ちるには持って来いの相手なのだが........

日本のいい選手(半数は一流では無い)がメジャーに流出してしまった現状では最強のナショナルチームを作るのは不可能だ。プロ参加の世界一を決めるのはWBCに任せて五輪はアマチュアに舞台を譲ってもいいと思う。まあ、ロンドン以降に野球が復帰したらの話だが......

|

« サヨナラ韓国 | トップページ | 井の中の蛙大海を知らず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サヨナラ韓国 | トップページ | 井の中の蛙大海を知らず »