« vsアイジャグ 気合カラ回り | トップページ | 以心伝心 »

2008年7月10日 (木)

脂肪報告書266~267

7/9(水)
※体重57kgになる為の1日の摂取カロリー:1425~1710kcal
※体重65kgの男性が散歩1時間で消費するカロリー:180kcal
朝 食   :梅おにぎり(161)、ビタミンコーラ(0)、NUDA(0)
昼 食   :梅おにぎり(161)、メープルグラノーラ(100)
       スライスデリ(81)、アクエリアスZERO(0)、NUDA
夜 食   :Gフルーツカクテル、梅酒2杯、梅おにぎり(160)
       鮪細巻1本、漬物(きゅうり、白菜、なす)、焼豚
       黒胡椒せんべい(204)
有酸トレ   :昼休み散歩60分、夜食後散歩125分
       通常トレは休養
筋トレ      :夜食後20分
体 重   :61.6kg(翌朝)
体脂肪率 :12%
前日比  :-0.0kg
月ノルマ :0.6/1.6(残り4日)
総減量値 :-29.6kg
BMI指数 :20.8 「標準=18.5~25」
感 想    :(`・ω・´)=3 現状維持
       摂取カロリー、運動ともに問題なし。最近夜の長
       時間散歩がめっちゃ楽しい。良き事かな。
       昼の散歩に行く途中、他部署の先輩に「お前、痩
       せすぎだぞ!」と手首をグッと掴まれた。すかさず
       心の中で「お前もな!」と言い返してあげた。身長
       が同じ位のその人の方がオレより細いのだ.......
       他人様は人が太るとデブだ何だとケナすのに
       いざ痩せると、痩せすぎだ、病気か?などと余計
       なお世話を焼いてくれるのだろふ。

7/10(木)
※体重57kgになる為の1日の摂取カロリー:1425~1710kcal
※体重65kgの男性が散歩1時間で消費するカロリー:180kcal
朝 食   :プレーンヨーグルト(160)、ゲロルシュタイナー(0)
       りんご1個(150)、ビタミンコーラ(0)、NUDA(0)
昼 食   :ねぎとろわさびおにぎり(165)、スライスデリ(81)
       メープルグラノーラ(100)、NUDA
夜 食   :赤ワイン1杯、焼豚、味付メンマ、韓国冷麺
       ゆで卵1個(90)、細巻き(鮪半分、梅きゅう半分)
       チョコ3種(約400)、ブラックコーヒー2杯
有酸トレ   :昼休み散歩60分、夜食後通常トレ70分
筋トレ      :夜食後20分
体 重   :61.6kg(翌朝)
体脂肪率 :12%
前日比  :-0.0kg
月ノルマ :0.6/1.6(残り3日)
総減量値 :-29.6kg
BMI指数 :20.8 「標準=18.5~25」
感 想    :(`・ω・´)=3 現状維持
       チョコが余計だったなぁぁ。おかげで摂取カロリー
       が余裕で上限オーバーorz 何とか運動で帳尻合
       ったかどうか、微妙です。保険で夜の散歩も行く
       べきだったかな。猛反省しています。

|

« vsアイジャグ 気合カラ回り | トップページ | 以心伝心 »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

NORTHさん
あっざーす!今回はチキチキさんと言う素材に恵まれたようです。
でもチキチキさんの取り扱い、くすぐり方はNORTHさんに遠く及びませんから。

投稿: ジュリパパ | 2008年7月11日 (金) 22時59分

あははは!!
情景が手に取るように分る!笑える!やっぱりジュリパパさんは才能があるな~。デビューして売れっ子になっちゃって下さいな。


投稿: NORTH | 2008年7月11日 (金) 21時10分

NORTHさん
違います。
チキチキさんの時はこうでした。
チキ「○○ちゃーん、どうやって痩せたの?」
オレ「チャリンコで峠を攻めて」
チキ「嘘つけー!」
ってな会話でした(笑)

もしくは、食堂でミートソースを注文したオレに対して。
チキ「あー、炭水化物ばっかりだな」
食堂のおばちゃんに
チキ「あっ、オレのライス少なめにして」
  「もっと」
  「もっと、もっと」
  「そう、そう、そのくらい」
で、茶碗には思春期の女子高生みたいな気持ち程度のご飯が盛られていました。でもおかずが揚げ物だったりする(笑)

投稿: ジュリパパ | 2008年7月11日 (金) 09時28分

他部署の先輩とは、もしかしてチキチキさんでは?

投稿: NORTH | 2008年7月10日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vsアイジャグ 気合カラ回り | トップページ | 以心伝心 »